2005年11月04日

誤解されるというのはこういうこと

なのだ、と、彼は思った。噂というやつは、誰かを悪魔にしちまうか神様にまつりあげてしまうかのどちらかだ。
by リチャード・バック『かもめのジョナサン』
posted by ume54 at 02:07| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本より抜粋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月08日

W-NOtation

新しい意匠を身にまとって、次々と登場する様々なアクチュアリティが、<情報>と<物質>の前で、またなしくずしに元へ戻されてゆく。
問われているのは<全体をどうとらえるか>ということなのだ。
W-NOtationは<捕捉>のための、一つの素材であれば良い。
おそらくは限りない変転を重ねながら、デリケートとカタストロフの双生児たちと<多数多様な場>を横断してゆこう。
次号は<土方巽リーディング><バイオ・コレクション>を突切る予定。
W-NOtation−速くあれ、たとえその場を動かぬときでも!願わくば、極みと極みを波動するハレーションとなり、<抗い難いもの>の中を疾走する千の堕天使と共に行け!

by W-NOtation 一号(1985年3月25日/株式会社UPU)あとがきより
posted by ume54 at 05:59| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本より抜粋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月18日

動きの中での瞑想

元スーパーモデル(クリスティ・ターリントン)が2000年、プーマと立ち上げたヨガライフスタイルブランド"ヌアラ"のコンセプト。

more
posted by ume54 at 11:49| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 本より抜粋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月16日

存在は他動詞


出典失念!
記憶では、『中国では、英語の"be"は他動詞であり…』で始まる文言だったような。
私のことだから、寺山修司「ポケットに名言を」かマルクス・アウレリウス「自省録」のどちらかだろう。

正確にはそのうち。
何かの足しにして。
posted by ume54 at 08:54| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本より抜粋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月07日

アサーティブ

アグレッシブという言葉は、男性が男性に対して使う場合は、その人物が大胆不敵でガッツがあり、勝ちにこだわっているということで、目標を達成する強さと能力があるということだ。
しかし男性が女性に対して使う場合は、男性にとっても女性にとっても図々しくて喧嘩ごしで傲慢、攻撃的で意地悪で冷たい女性、自己主張ではなくエゴイズムと解釈され、妥協を知らない支配的な人物だと思われる。
まとめると、男性はいい意味でのアグレッシブは男性同士で使い、悪い意味でのアグレッシブは女性に対して使う。そして、女性にはアグレッシブのかわりに「アサーティブ(自己主張のはっきりした)」という言葉をあてがっている。
出世を目指して戦う女性でも、アサーテイブなら許される。しかしアグレッシブと比べると、なんとも弱々しい言葉だ。

by ゲイル・エバンス(CNN筆頭副社長)
有能な女はなぜ、無能な男ほど評価されないのか

more
posted by ume54 at 07:30| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本より抜粋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月06日

母親業・家事の年収=508,700ドル

エデルマン・フィナンシャル・サービスの換算によると、アメリカの母親たちが果たす役割を、料理・予算管理・セラピー・バスの運転などの専門職の給与に換算すると、年収で508,700ドルになる(2001年当時)。

by 有能な女はなぜ、無能な男ほど評価されないのか


more
posted by ume54 at 23:29| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本より抜粋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月24日

学校教育

学校教育には、他にもまだ、君の役に立つことがある。相当のところまでこれを続けて行けば、自分の頭のサイズはいくつかということが、わかりかけてくるんだ。何が自分の頭に合うか、それから同時に、何が合わないかということもたぶんね。しばらくするうちに、特定のサイズを持った自分のこの頭には、どんな種類の思想をかぶったらいいかということもわかってくる。一つには、そのために君は、自分に似合わない、自分にふさわしくない思想を、いちいちためしてみるという莫大な時間の浪費を節約できることにもなる。君は、自分の本当の寸法を知り、それに合わせて自分の頭にかぶるものをえらぶことができる

by J.D.Salinger
The Catcher in the Rye
posted by ume54 at 14:00| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 本より抜粋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これは美しい相互援助というものじゃないか

君は知識と恋仲にある身なんだ。しかも、そのうち、君にもわかると思うんだが(中略)いったんそのヴィンスン先生のたぐいを通りぬけてしまえばだ、その後は、君の胸にずっとずっとぴったり来るような知識に、どんどん近づいて行くことになる ― もっとも、君のほうでそれを望み、それを期待し、それを待ち受ける心構えが必要だよ。何よりもまず、君は、人間の行為に困惑し、驚愕し、はげしい嫌悪さえ感じたのは、君が最初ではないということを知るだろう。その点で君は決して孤独じゃない、それを知って君は感動し、鼓舞されると思うんだ。今の君とちょうど同じように、道徳的な、また精神的な悩みに苦しんだ人間はいっぱいいたんだから。幸いなことに、その中の何人かが、自分の悩みの記録を残してくれた。君はそこから学ぶことができる ― 君がもしその気になればだけど。そして、もし君に他に与える何かがあるならば、将来、それとちょうど同じように、今度はほかの誰かが君から何かを学ぶだろう。これは美しい相互援助というものじゃないか。こいつは教育じゃない。歴史だよ。詩だよ

by J.D.Salinger
The Catcher in the Rye
posted by ume54 at 14:00| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 本より抜粋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人間の特徴

未成熟な人間の特徴は、理想のために高貴な死を選ぼうとする点にある。これに反して成熟した人間は、理想のために卑小な生を選ぼうとする点にある。(ウィルヘルム・シュテーケル=精神分析学者)

by J.D.Salinger
The Catcher in the Rye
posted by ume54 at 14:00| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 本より抜粋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

僕の言うことをちょっと聞いてくれ

君がいま、堕落の淵に向かって進んでると思うと僕は言ったが、この堕落は特殊な堕落、恐ろしい堕落だと思うんだ。堕ちて行く人間には、さわってわかるような、あるいはぶつかって音が聞こえるような、底というものがない。その人間は、ただ、どこまでも堕ちて行くだけだ。世の中には、人生のある時期に、自分の置かれている環境がとうてい与えることのできないものを、捜しもとめようとした人々がいるが、今の君もそれなんだな。いやむしろ、自分の置かれている環境では、捜しているものはとうてい手に入らないと思った人々と言うべきかもしれない。そこで彼らは捜し求めることをあきらめちゃった。実際に捜しにかかりもしないであきらめちまったんだ。わかるかい、僕の言うこと?

by J.D.Salinger
The Catcher in the Rye
posted by ume54 at 14:00| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 本より抜粋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月20日

そりゃ、ひとじゃなくて、キノコだ

ぼくの知っているある星に、赤黒っていう先生がいてね、その先生、花のにおいなんか、吸ったこともないし、星をながめたこともない。だあれも愛したことがなくて、していることといったら、寄せ算ばかりだ。そして日がな一日、きみみたいに、いそがしい、いそがしい、と口ぐせにいいながら、いばりくさっているんだ。そりゃ、ひとじゃなくて、キノコなんだ。

by Antoine de Saint-Exupery
LE PETIT PRINCE
1946
posted by ume54 at 11:51| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本より抜粋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月15日

明快に話すために

お綾や・親に・おあやまり・お綾や・八百屋に・おあやまりと・お言い
蝦夷でくらすも一生・江戸でくらすも一生


このような早口言葉を一日五回と決めて練習すると明瞭な話し方が身につく。


by 大熊 茂「とっさのスピーチ術」…を引用した内藤 ヨシヒト「頭のいい人だけが知っているちょっとした成功習慣」


more
posted by ume54 at 21:14| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 本より抜粋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月10日

自由人

流行っているレストランやお店のオーナー、印税の入る作家・画家・アーティスト、特許・ライセンスなどをもつ人、マルチレベルマーケティングで成功した人、マンションや土地から家賃収入を得る地主、有名なスポーツ選手・アーティスト、株・債権・貯金の配当を得る人。
一言で言うと、自由人は、毎日何もしなくても豊かな生活を送ることができる連中だ。世界中どこにいようと、問題ない。

君は自由人の代償を払うことができるかな?世間からの誤解、批判や打ちにある罪悪感などがそうだ。人によっては、ふつうの人生を生きたほうがよほど幸せだということもある。

by 本田 健『ユダヤ人大富豪の教え』more
posted by ume54 at 06:44| 福岡 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本より抜粋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月09日

孔子と秀吉に共通する世渡りの極意

自分の地位に応じて相当の仕事をし、悠々として余力を保っているものである。
小さい仕事であれば小さいなりに仕事をするが、誰が見ても、そんな仕事をさせるには人物が大きすぎるといわれるくらいの人が偉いのである。

by 新渡戸 稲造『世渡りの道』

more
posted by ume54 at 09:23| 福岡 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本より抜粋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月05日

書くということ

「書くということは心の整理につながる大切な活動やから、『書けないんです』やなしに、書けるようにせなあかんよ」

posted by ume54 at 14:15| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本より抜粋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

立腰教育(りつよう・きょういく)

「人間形成の原点は躾にあり、まず腰骨を立てて姿勢をよくすることからはじめよ」
1950年代、社会が荒廃していた頃に教育学者の森 信三が提唱。
posted by ume54 at 14:03| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本より抜粋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心というのは

難しいことへの挑戦ではなく、できることの継続で強くなる。
特例を認めずやらせ切る、確認をし、後押しをすることで育てに育てる。

by カリスマ体育教師の常勝教育
原田 隆史 著
posted by ume54 at 13:51| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本より抜粋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スタッケンバーグ流会話術

人との談話によって利益を得ようとするには、談話の際に相手に快く自然に話させるよう工夫しなければならない。

〈質問が尽きない例・略〉

知ったふりをせず、相手に喜んで語らせ、得意に述べさせ、自分の知識を増進するというのは、実に交際術に長けたものといわねばならない。

〈中略〉

注意すべきことは、相手の語りうる話題を選ぶことである。相手の不得意な問題を提出するとまるで試験問題でも出されたように思われ、かえって不愉快を感じさせるであろう。

〈中略〉

人には必ず学び取って利益とすべき長所がある。自分に知識を吸収しようという考えさえあれば、子供からでさえも学べる。


新渡戸 稲造『世渡りの道』
人のこころを確実につかむ法more
posted by ume54 at 07:05| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本より抜粋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月04日

ソクラテスが栄えある死を遂げたという考慮事項

他人の悪を怒らず、他人の無知に奴隷のごとく奉仕せず、「全体」から自分に割り当てられたものを自分に関係ないものとして受けることもしなければ、耐え難きものとして忍ぶような態度も取らなかったか。また自分の叡智が肉の情に同情するのを許さなかったか。

by マルクス・アウレリウス『自省録』66

more
posted by ume54 at 21:51| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本より抜粋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月22日

イリザロフ法 背はあと10cm高くなる

骨をノミで切断し、「骨折」を起こして骨をのばす『イリザロフ法』。
骨折が治るときの体のメカニズムを利用し、一日一ミリずつ骨を伸ばしていく。
小人症の人で30cm以上伸びたという例もある。
しかし、精神的、身体的に苦痛を伴う大変な治療に耐えられる人はそう多くない。


POPULAR SCIENCE 2005.2号より抜粋


more
posted by ume54 at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 本より抜粋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。