2005年11月24日

hiring and technology:プロセスの7要素

1.Ideas come from everywhere
2.Design for users
3.Compile, discuss, prioritize
4.small teams are fast and agile
5.communication is key
6.tools that organize
7.test, experiment, iterate

"What makes this process work: hiring and technology."

以上はgoogleにおける製造プロセス7要素でした。
http://blog.japan.cnet.com/umeda/archives/000331.html
#少し古い記事ですが


考えるまでもなく当たり前なことなのに、できていないんだよね。
以下、大約(間違えている可能性大)。
1.アイディアはあらゆる所から
2.ユーザのためのデザイン
3.コンパイルと議論を最優先
4.小さいチーム(3人編成を原則)は速くて敏捷
5.鍵はコミュニケーション
6.ツールは結団してこそ
7.実験の繰り返し

"優秀な人材採用とテクノロジー、これこそがこのプロセスを生み動かすのです。"
#エンジニアらしい発想だなあ。
#クドいですが、すべて訳ミスの可能性大 :)



で、さらに納得するのは、その後の部分。
-----
Googleは2つのタイプのエンジニアを採用する。第1のタイプはYoung risk taker。若くて自身満々の、何だって自分でできると信じている鼻っ柱の強い潜在能力の高いGeek。そしてもう1つのタイプは、一流の実績を既に挙げているスター研究者である。
-----
*Geekは確か「おたく」の意。

日本で産学連携を意図的に促進しようとする動き(平沼プラン)が見られるが、その本来の価値は、研究者シーズと企業ニーズを結ぶものではなく、思考が柔軟でリスク回避に走らない学生(若者)に企業が出資して共同開発(後にベンチャーとして独立もしくは買収や合併)といった手法を取ることだったはず。つまり産学の学の捉え方が違う。聞けば昔から使われていた手法で、今さらながら産学連携というネーミングを振ったようなもの。国内でも都市部で導入されているゲーム業界のインターンシップ制度はその採用版といったところ。
まま、つまり、googleは社内で"産学連携"を効率的に実現し続けている(その環境を意図的に作っている)というわけだ。多分。
勝つものは、勝つべくして勝っている。
ね、たくさん納得。



本物版↓
The Process
#Ideas come from everywhere
##Good ideas and bad ideas
##Touchgraph as an example
#Design for users
##Delta force of UI experts that get involved at the beginning of the project
##Challenge of retaining simplicity while allowing easy access to the functionality
#Compile, discuss, prioritize
##Top 100 list of most important projects (actually about 230)
##Editable webpage like a wiki, Sparrow, for project ideas: ideas, rfps, pending, current projects and ended
##Product discussion forums (in person) every one to two weeks to distinguish good ideas from bad
##Then evaluate, using search traffic as an indicator for trends to address and use as an input for prioritization
#small teams are fast and agile
##design, code, test, launch plan, launch in one team
#communication is key
##downside to small teams is how you keep from splintering -- communication, broad and regular
##otherwise teams will only talk to teams that are close to them and create groups
##design process has wide circulation of idea at beginning
##new employees have to create readable code and communication
##the inter-team (10 of 3 people each) that oversee cross team communication, all volunteer positions
##tech talks, every week someone gets up and presents their project, archived on the intranet
#tools that organize
##editable page is suprisingly useful for communication, especially with search
##editable launch process form
##page that holds state for one week's worth of activity, e.g. engineering weekly report
##every employee writes at least a snippet per week
##internal blogs for communication, first thing that Pyra suggested when acquired (and why they realized they hired the right guys!)
#test, experiment, iterate
##first user study feedback: "I'm waiting for the rest of it" "is this some guys homepage" "are you from the psych department?"
##now a more formal testing model
##experiment with the labs page
##example iteration of GoogleNews


http://www.corante.com/many/20030401.shtml#32099
http://www.socialtext.net/etech/index.cgi?craig_silverstein
よ…読みたい気持ちと読めない悲しみと。。
posted by ume54 at 18:10| 福岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | サイト参照系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
elytron stradlings dram almondy incuneation alco swinglebar reflexibility
<a href= http://www.rebeccarogers.com/ >Rebecca Rogers - RE/MAX</a>
http://www.fowlentertainment.com

Posted by Bert Mckinney at 2007年12月17日 17:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9753217

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。