2005年11月12日

腰痛

現代人は戦うことも逃走も出来ず、じっと我慢せざるを得ません。先程の戦闘体制モードが常に続いているという慢性ストレス状態になるのです。そうすると全身に血流が行かなくなり弱い部位に酸素不足が起こります。
その結果として、乳酸が蓄積され筋肉を緊張させ、例えば一番弱い部分の腰痛という症状が現れるのです。(このことはジョン・E・サーノ博士のTMS理論の中でも述べられています) 心が健康を蝕むという一例です。

MSN健康:第8回 心と健康
ストレスが身体を蝕む
http://main.health.msn.co.jp/mind/essay/


#腰痛経験が一切ないのは針を振り切っていない証拠か :)
posted by ume54 at 14:32| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サイト参照系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9249351

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。