2005年10月01日

国勢調査

到底「菊川玲」とは思えぬ調査員が昨夜、自宅マンション前で途方に暮れていたので、かつて有り得ない親切心全開で応じてみた(気の弱い人の良さそうな母くらいの年齢の女性だったので。ナイス人選)。

年齢三十過ぎにして、実は生まれて初めて自分の手で書く調査票(なぜ今まで出会わなかったんだろ)、めーんーどーくーさぁぁぁい!
とはいえ、実直に人生や国や政治が(やっと少しは)心配になってきたので正に今、書いている(かなり新鮮な面持ちで)。

で、気づいたこと。
私はいわゆる自由業のような身で、キレイに言うなら今流行の知財系自営。日頃から職種を聞かれるたびに苦しむのだが、この調査票にも案の定、該当例がない。
うーん。調べる気あるの?
一応、先進国なのだからIT系自営など含む知財は無視しないほうがよい分野のはず、こういう"しんどさ"を感じさせていたら何とでもボイコットするぜよ。
この手の亡霊国民は、問題のフリータやニート並にかなりの数いるとリアル生活から肌身に感じている。私なんてまだまだ善良なほう(多分)。
読んで字のごとく国の勢いを調べるなら、も少しアタリを考えたほうが良いと思われ。

…とはいえ、どういった国でも似た「すくいそびれ」近似値&相殺は存在するだろうからキチキチせずとも勢いは測れるのだろうけどね。
そういった「暗黙の見逃し漏れ」って何らかネーミングあるはず。
調べてみよう。






白紙委任率?
違うな…
posted by ume54 at 09:39| 福岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
至極簡単な内容で
対費用効果に疑問符が???
もっとシステマティックで
オートマティカリーな調査方法
無いものかしらね。
警察のお宅訪問調査みたいなもので
うまく情報共有化すればいいのに。
ね!

国勢調査ソフト、開発したら
ちょっとした長者になれるかも。

Posted by SHIN at 2005年10月03日 17:58
国民総背番号制やチップ埋め込みなら実現するかも、気軽にYESとは言えないけれど(笑)
ソフトかあ…、ソフト以前に人的インフラの安定が先決ですよね。何しろ警察すら信用できないご時世ですし。
決して推奨するという意味ではありませんが、先のカトリーナ被災者の遺体管理はチップ埋め込みが採用されましたね。
時代の波だなあ…。
Posted by ume54 at 2005年10月04日 16:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。